堀江で家具を探されている方必読【失敗しない家具選びのコツ】

お気に入りの部屋づくり

自分で過ごす部屋はお気に入りの家具で彩りたいものです。堀江にはオシャレな家具を取り扱う店舗が点在しているため、様々なニーズに答えることができます。くつろぎの時間をこだわりのインテリアで楽しむ為に、一度足を運んでみましょう。

家具選びのポイント

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルは空間の広さを考慮して選びましょう。形やデザインを重視したくなりますが、食事をする時に使う幅や奥行きを確認する事が重要なのです。円形タイプのものは、壁置きできず、場所を取るため狭い区間ではオススメできません。ダイニングが狭い場合は使い勝手のいい長方形の物を選ぶようにしましょう。

ソファ

ソファはシートの高さや硬さなどを見て、体にフィットする物を選ぶようにしましょう。体に接している部分が大きいため、合わないものを使用していると、くつろげずに余計疲れてしまします。購入を検討する際は、できるだけ実際に座って選ぶ事をオススメします。また革製か布製かでもお手入れのしやすさが異なるため、長期利用を考える方は材質も考える必要があります。

ベッド

睡眠の質を高めるためには、形やデザインよりも、マットレスを重視して選びましょう。腰や肩など体の一部が大きく沈むような物は、体に負担となる事が多いため避けたほうが良いでしょう。そしてサイズを選ぶ際には、お部屋のサイズで選んでください。お部屋に合わない大きいものを選んでしまうと、他の家具が置きづらくなる等のデメリットも発生してしまうためです。

チェスト

収納力が高く便利な家具のチェストですが、部屋の面積を圧迫しがちなアイテムでも有ります。特にこだわりがないのであれば、少し低めの物を選ぶようにしましょう。そうすることで天板にミラーを置いてドレッサー代わりに使ったり、ディスプレイスペースに利用する事ができます。また小物と衣類を分けて収納できる物を選ぶことで、収納する際スッキリと入れることができます。

堀江で家具を探されている方必読【失敗しない家具選びのコツ】

家具

インテリアと色の関係

インテリアを考える際、色は大きなポイントの一つです。色には人の心理に働きかける視覚効果が有るため、それを把握することで色が持つ心理効果をインテリアに活用することができるのです。例えば青をメインとした寒色系であれば集中力を高める効果があり、書斎や勉強部屋に利用できます。逆にオレンジをメインとした暖色系であれば、気持ちを明るくさせたり、食欲増進効果もあるため、ダイニング等での利用をオススメします。

組み合わせ方

部屋全体のコーディネートをまとめたいのであれば、色味が同じものを使い同系色で統一することで簡単にお気に入りの空間を作ることができます。また寒色系だけ、暖色系のみといった類似色でも自然に雰囲気をまとめることができます。ただし反対色を使うのが駄目だということではありません。少し難しくなりますが、あえてソファとクッションで反対色にするなど組み合わせを工夫することで個性的なお部屋を作ることができます。

色選びのコツ

考え方が難しいと思う人はまずメインカラーを決めましょう。カーテンやソファといったお部屋に入って目につきやすいアイテムの色を考えることで、インテリア全体の雰囲気を決めるにあたって進めやすくなります。色を決めるに当たってできるだけ、類似色でまとめることで落ち着いた空間を作る事ができます。全体の雰囲気が把握できていれば、クッションやランチョンマットといった小物類にアクセントとなる反対色を使用しても、イメージが大きく壊れるような事を防ぐことができるのです。

カラーコーディネートの考え方

気に入ったインテリア作りをするには、メインカラーを決め、それを中心に雰囲気を考えていくことでやりやすくなります。極力同系のものをメインカラーとして使い、空間をより引き締めるアクセントとして、小物類を使用しましょう。

広告募集中